そもそもIRとは一体何なのか?

IRとはインベスター・リレーションズの略で、企業が株主や投資家に対して投資のために必要な情報を発信する活動を指します。必要な情報とは決算後の説明会や年次報告書、また投資家や株主に向けた広報誌の発行などのほか、ホームページで情報を開示したり設備の見学会など、各企業によって活動はさまざまなものがあります。発信する情報は各企業に関する事柄が主なもので、たとえば、役員の交代や他社の買収、また決算報告など会社経営に関係する事項が中心となっています。株主や投資家は企業の業績や収益の状態、資金の調達が円滑に行われているのか、また将来的な業績の見込みなどに大きな関心をもっていますので、興味のある各企業に対して質問など問い合わせを行うことも多くあります。株主や投資家からの問い合わせにすばやく応え情報を開示することによって企業の優良なイメージを損なわないようにできるのです。

IR活動に対する企業の取り組み

近年IRに関する活動を行っている企業が多くあります。IRの活動は企業の経営に関することが中心であり、株主や投資家から連絡や質問が多く寄せられるようになりました。そのため、それらの質問にすばやく的確に応える必要がありますので、役員や経営陣の考えをよく理解しておくことが重要になってきます。そのためIRの活動に関する専門の人材をあてがったり部署を新たに作ったりして、企業の経営戦略や財務戦略に対しての必要な知識や理解を深いものにしています。ですが、実際には専門の人材も最初から経営や財務などの知識をもっているわけではなく、株主や投資家からの質問や連絡等に対応していくうちに企業全体の状況を把握できるようになっていくのです。企業のクリーンで優良なイメージを損なわないようにするためにIRの活動は常に新しいものを発信していかなければならないのです。

企業のIR活動の重要な目的とは

IR活動とは、企業から株主や投資家への情報の発信が主なものになります。それは株主や投資家に、自社の良好な経営状態や良い面を理解してもらい信用してもらうために必要な活動であり、自社の売り込みを行っているのです。株主や投資家の立場では、企業に対してより高い業績をあげて欲しいと考えていますので、企業側へ経営戦略の提案をします。投資家は、一企業だけではなく各方面のさまざまな企業について理解を深め経営業績や経営戦略を比較しながら、少なからずリスクを背負って株式投資を行っているのです。そのため各企業の経営戦略について独自の意見や見解をもっている方は多くいるはずなのです。そのような方の意見を企業の経営戦略にうまく反映させていくことが本来のIR活動の意味であり重要な目的となっています。

長年培ったノウハウで革新的な証券代行サービスを執り行い、お客様に合った最高のプランニングをご提案いたします。 長年のノウハウを基に、革新的な証券代行業務を行い、お客様からの高い信頼と満足を得られた事が実績です。 サービス対象エリアおよびサービスの拡充に力を入れ、今までよりも多くのお客様に満足いただけるよう努力を続けております。 企業のIR活動のことなら株式会社アイ・アールジャパン