企業がIR活動を行う目的および株主や投資家にとってのメリット

まずIRとは株主や投資家に財務状況など投資に必要となる情報を自ら発信していく活動のことを指します。企業がIR活動を行う目的としてもっとも大きな要因は、適切な企業情報をあきらかにすることによって株主や投資家の経営方針などに理解を求め、適正な企業評価を得ることで、結果的に企業価値を向上させることがあげられます。また他にも買収に対する防衛対策の一環のために、安定した株主をより多く作ることも目的とされています。このIR活動によって株主や投資家はより早く投資する企業の情報を得る事ができます。投資を行う上でその企業の情報を得られないことは非常にリスクが高いのです。そのためIR活動に積極的な企業は今後の株価の成長を予想しやすく、株主や投資家にとっても投資のリスクを減らすメリットがあるといえます。

IR活動の内容とは具体的にどのようなものか

企業が行うIR活動の具体的な方法としては主に2パターンあります。1つは株主や投資家と対面して情報などの発信を行う方法です。具体的には企業説明会を開き経営方針や企業理念を案内することや、投資家や株主からの質疑応答によって勧められる打合せ会の開催、また決算説明会などがあります。これらはどれも内容の濃いやり取りを行うことができます。2つめに紙などの書面によって情報をまとめ対象の株主や投資家に配布する方法です。書面には年次報告書や事業報告書などがあります。他にも不特定多数に対しては発信されるものとしてイベントの予定や売場情報、新店舗設立や新製品情報などがあります。最近ではインターネットを使用したIR活動を行う企業も増えています。ホームページにおいてリアルタイムに情報を公開し、よりクリアな情報開示が行われています。

企業が行うIR活動の需要が高まる理由

最近はインターネットを使用して行われるIR活動が重要とされ、需要が高まっています。これは企業が顧客などにニーズに対応してインターネットをマーケティングに応用したりコミュニケーションをとる手段としたりして利用することと同様です。このインターネットのIR活動が重視される理由は、近年海外の投資家や個人の投資家による持ち株比率が大幅に増加していることが最大の要因といえます。多くの企業はこれまで安定的に株式を所有する株主に経営を支えられて来ました。しかし現在の新しい分野の投資家である、個人の投資家や海外の投資家は、企業の対面でのIR活動などに現実で向き合えることは非常に難しいため、投資している企業やこれから投資を検討している企業のIR活動に特化したサイトなどから情報を得て、コミュニケーションをはかることが有効であるため需要が高まっているといえます。