企業に求められるこれからのIR活動

IR とはまだ慣れない言葉なので意味合いが受け取る人それぞれに多少の違いはあるかもしれません。投資家は企業の情報や経営内容などを求めます。企業はその情報を公開することで投資家の方に伝えることができます。IRは今後様々な企業がこの分野を明確にしていくことが大切になってきます。新製品の情報や人事戦略などの様々な情報は株価へも大きく影響するので投資家はそういった情報を元に活動をしています。企業の決算報告などの内容も含まれていてそれをIRとして企業が発信していくことは投資家だけでなく、そこに興味をもった人達には必要な情報であると思います。企業はオープンに様々な情報を公開していかなければ投資家も興味を持つことはありませんのでIRという活動報告をしていくことが大切になってきます。またIRは今後も経済の中では浸透していくことになると思います。

企業がIR活動を行う意味とは?

ここ最近では個人の投資家が増えてきつつあります。そういった方への企業の対応としてIRが必要となってきます。今までは証券アナリストや投資家へ向けたIRの活動が多かったのですが、対象が広がり様々な情報を企業がIRを通じて発信しています。企業はIRを通じて広報活動を行うことで株主や投資家、最近増えてきている個人投資家達への投資判断を公開することができます。IRが見やすい場所にあると、今後投資を考えている人達にとってもとても便利なコンテンツであると思います。またそういった情報をしりたいという人達も増えてきているので、企業の経営状況などを判断する材料にもなります。私達は常に様々な情報を得ようと検索しています。企業の情報もIRを通じて身近に感じることができることは、今の時代にも合っていて今後も必要とされていく情報であるのは間違いないです。

企業側のIRにおける効果について

IRを通じて公開する情報は企業側にしたらどんなメリットがあるのでしょうか。勿論経営状態がよければIRを通じて公開しても問題はないのでしょうが、IRを通じて公開した内容で株価を下げてしまったり、投資家から信用を失ったりなど良いことばかりではないと思います。しかし、IRを通じて公開しなければ、様々な方への情報を伝えることはできません。企業は積極的に情報を開示することでマイナスに捉えられる部分があっても今の時代に合った方法で情報開示をしていきます。企業の取り組み方次第ではIRはそれぞれの企業の情報が違っています。基本ルールを守って企業が取り組んでいく企業戦略の一つともいえます。その情報を投資家、証券アナリスト達は見ることで、今後の経営を深く読み取り投資へと判断していく材料となっていきます。